FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q&A1

Q&A1をぶった斬ります。

Q.ツインソウルは異性?

A.ツインソウルは男性エネルギーと女性エネルギーに別れた魂である為、地上では男性と女性に分かれて転生します。

脱獄的解説
→現在、男女ツインソウルという組み合わせは皆無です。女性同士の組み合わせしか存在しません。
何故皆無なのかと言うと、本当にツインソウルに出会った者は、嘘を放置しないからです。
しかし現在、巷のツイン概念自体の悪質性を糾弾している男女ツインソウルらしき存在は見当たりません。
本当にツインソウルに出会った人間が、特定の人間の懐を潤わせるような概念を支持すること、またはそういう人たちと足並みを揃えたり共存共栄に甘んじることは絶対にありません。
世の中に害でしかないからです。
ちなみに私も相手も同性愛者ではありません。
しかしお互いに理想の異性像を見るという奇妙な感覚を持ちます。
ツインソウルの性別や陰陽の問題は非常に難解なのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q.双子や兄妹や親子のケースは?

A.全くないとは言い切れませんが、おそらくほとんど無いでしょう。準備が出来ていない状態でツインソウルに出会うことはないからです。また、ツインソウルの結合においてセックスは極めて重要な儀式です。

脱獄的解説
→全くありません。
出会う前はお互いに別次元に生きているので、出会う運びに至るまではお互いに存在を知ることすらできないからです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q.ツインソウルは何人もいるの?

A.宇宙でたった一人です。自分という大きな意識体の一部分が今ここにいる自分自身です。その大きな意識体の中で同じ一部分が分離したものをツインソウルといいます。二人で1つの一部分(魂)を形成しています。
私達には皆それぞれに異性の対となる魂がいますが、同時に地球に転生しているとは限りません。

脱獄的解説
→前述したように、異性の対とは限りません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q.ソウルメイトとツインソウルの違いは?

A.ソウルメイトは過去世で会った事のある自分と縁の深い魂です。1人だけではなく数人います。
ツインソウルは自分という大きな意識体の全く同じ一部分を共有するいわば自分自身です。宇宙で最も愛し合っている関係でもあります。

脱獄的解説
→ツインソウルは対の素粒子で構成される魂を持つ他人です。決して自分自身ではありません。
ソウルメイトは、関わる人全員です。
時々、相手との過去世をいくつも思い出したという話を聞きます。
これをツインソウルだと思っている人も多いようです。
有名どころではブライアンワイス氏の説です。
しかし、この相手は狭義のツインソウルではありません。
その生で最も縁の深いソウルメイトです。
今まで出会った誰よりも強い縁を確信し、神がかりのシンクロも多発するのでこの相手をツインソウルだと思うのも無理はありませんが、最終転生で出会うツインソウルではありません。
多くのツイン情報発信者もこういう特別なソウルメイトをツインソウルとしているため、こういう相手に出会った人が巷のツイン情報と一致すると思ってしまうのも無理はありません。
だから、情報とかぶる面は多いにあるでしょうが、統合などの情報を鵜呑みにしてはバカを見ます。
このような相手と出会った人は、自己愛を利他愛まで広げることを学ぶケースが多いようです。
自分の心に従い周囲や相手を思いやった行動をすれば心は飛躍的に成長するでしょう。
私の身近な既婚女性は、このような相手と出会って離婚を決意しましたが、色々なことを経て現在は彼とは良い友人関係になれているようです。
彼も彼女もメンタルに問題を抱えている者同士ですが、お互いにちょうど良い距離感を見つけたのです。
どのような関係でも自分次第で愛は交換できると彼女は悟ったようです。
彼女自身も今の関係に満足しています。
ツイン概念を鵜呑みにせず、せっかくの特別な出会いをぜひ大切に扱って頂きたいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q.どのようにして出会うの?

A.同じ惑星にツインソウルが同時期に転生した場合、転生前に二人が出会う事が約束されています。
その為、地上人生のある時期に引き合わせられるように二人は出会います。
友人の紹介であったり、趣味を通して知り合うケースが多いようです。

脱獄的解説
→人知を越えた力が働いて強引に引き寄せられます。友人の紹介で出会うことはありません。第三者が出会いに直接関与して影響を与えることはできないからです。
自らの感性のみに従って行動しなければ、出会えません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q.どうしたら出会えるの?

A.転生前に決められる事なので、こればかりはどうしようもありません。
出会えるから幸せ出会えないから不幸せというものではなく、みんな個人個人に与えられた人生のテーマがあります。それぞれの人生を精一杯生きる事が重要です。

脱獄的解説
→これについては同意です。出会うための方法もマニュアルもありません。
ツインソウルに出会える方法を伝授するなどと言っている人間は全員詐欺師です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q.ツインソウルの二人は似ている?

A.二人は1つの魂の違う側面を持ち合わせており、それぞれを補い合うようになっている為に正反対に見える部分が多くあります。同時に全く同じ一面を分け合っている部分もあります。
見た目など身体的特徴は似ている必要はありませんが、表情や仕草、全体の雰囲気などはおそらく似ているでしょう。
肉体という着ぐるみの中に、役割の違う同じ魂が入っているのを想像してみて下さい。

脱獄的解説
→似ている面もありますが、似ていない面もあります。
このような話はツインソウルでなくてもよくあることです。
縁の深いソウルメイトと目や手の形や爪が似ているという話は世の中にいくらでもあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q.同じ魂なので年齢も同じ?

A.魂の進化レベルは同じですが、地上では同じ年齢である必要はありません。
同じ年齢の場合もありますが、年齢差があるケースも多く報告されています。

脱獄的解説
→同じ年齢というケースはまずありません。
後に生まれた方が、先に生まれた方の人生を見守っていたことを思い出すことが、相手が片割れであるという重大な確信になるからです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q.出会う前に前兆はありますか?

A.ツインソウルのどちらか一方もしくは両方は、出会う前の一年以内に破壊的出来事を経験するケースが多いようです。
一生懸命働いていた会社を突然クビになったり、大切な人を失ったり、心の底から信用していた人に裏切られたりするような、人生を覆す出来事を経験します。

脱獄的解説
→前兆は不自然なほどありますが、それが前兆だったと気付くのは出会って以降です。
出会う前には気付かないようになっています。
両者共に破壊的な出来事を体験し、そこから這い上がらなければ出会えません。
それが1年以内とは限りません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q.他の人と結婚してるのに出会ったら?

A.様々なケースがあるので一概には言えませんが、ツインソウルの関係は完全に公に出来る関係だと思って間違いありません。
仮に一方もしくは両方がそのような状況の下で出会ったとしても、自我の赴くまま行動することは避けることが大切です。
二人の愛が本物であれば、すべての障害は自然と取り除かれるようになっております。
“ツインソウルが出会うのは、地上での最終転生の生涯である”という事の意味を考えればお分かり頂けると思います。

脱獄的解説
→既婚者や恋人がいるような人は出会いません。身軽でないと次元の壁を超えることはできないからです。
また、結婚願望や出産願望がある人も出会いません。
ツインに出会うような人間は厭世観と虚無感を持っていますので命を作り出すことをしません。
とにかくできるだけシンプルに生きることを望むからです。
ツインソウル間に光の子供が生まれるという説も嘘です。
光の子供という概念も、無用な選民思想を招きます。
ツインソウルファンタジーは、子供たち世代にも悪影響を及ぼします。
ツインに出会った人の子供はクリスタルだレインボーだと特別視している人がよく見られますが、そういった概念自体もツインファンタジー同様に根拠がないものです。
アメリカでは発達障害など周りの子供たちと上手く足並みを揃えられない子供を「風変わりな天才」として特別に学習する環境を与えている所もあります。
実際に凡人にはない能力があることも多々あるのでそれを伸ばそうとしているのです。
恐らく、スターシードはそういう人々、その親の自尊心を守るために生まれた概念だと思われます。

日本はその点「障害」としか捉えていないので遅れているのですが、海外からスターシード概念だけが伝わってしまい、多くの誤解を招いているようです。
ツインソウルと同じようにスターシードの特徴を当てはめ、それを自称したり子供に称号を与えたりするようになったのでしょう。
思うだけなら特定の人にとっては有用な概念ですが、そのような称号をドヤドヤ吹聴するようなことは親にとっても子供にとっても無用の選民意識を招きます。
自分の子供を光の子と言って特別視したり、「自分の子は光の子だから本物の父親が自分のツインであると知っている」など目を疑うような恥知らずなことを書かれているのを時々見かけます。
愛や光の名のもとに、遺伝子上の父親、そして子供自身のことも著しく馬鹿にしています。
このような概念だけが都合良く使われることは子供たちの未来に弊害をもたらすだけではないでしょうか。
ツインソウルに選民思想的な要素は全くありません。
自分の愛に誇りがあるだけです。

また、巷のツイン概念は「パートナーがいる状態で出会い、ツインソウルと友人としてお付き合いしていく中で、パートナーが亡くなられるというケースを聞いたことがあります。」と言っていますが、非常に悪質です。
どちらか、あるいは両方にパートナーのいるような状態で相手をツインだと思って悩み苦しんでいる人は、物理的障害に手も足も出せない日々を過ごす中で心理的障害を取り除こうと頑張っています。
そんな苦しい日々を過ごす中で心に余裕をなくして自分のパートナー、または相手のパートナー、あるいは両者に対していつしかこう考えるのではないでしょうか?

「いつ死ぬんだろう」

こんなこと考えたこともないと本心から言える人がどれだけいるでしょうか?
考えるなと言う方が無理な話なのです。
そしてこのようなことを考える自分にも嫌気がさすはずです。
巷のツイン概念がいかに人の心を蝕むか、お分かり頂けたと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q.お互いがツインソウルだとどうやって知るの?

A.シンクロニシティや様々なサインが教えてくれます。また、お互いにそれを報告し合う傾向にあります。
シンクロニシティには、二人がツインソウルであることの証やメッセージが入っており、神の啓示が両者に与えられます。
更にインスピレーションで深く感じ、それは次第に確信へと変わっていきます。
片方だけではなく、両者にこれが起こります。

脱獄的解説
→何の知識がなくとも、出会った瞬間に時間が止まり異次元に入り、状況証拠として運命を突き付けられるので両者にはっきりわかります。
一時的に地球の外に出て故郷に帰ることになります。
とても長い間忘れ去っていた寂しさが魂の奥から込み上げて来るので涙なしではいられません。
私は相手に対して、今までどこにいたのかと一瞬文句を言いたくなりましたが、生きていてくれたことに心底安心して全身の力が抜けた記憶があります。

シンクロニシティやサインや啓示というのはツインソウルでなくとも起こります。
また、ツインソウル間でお互いにシンクロを報告し合うことはありません。
報告しなくても伝わってしまうのがツインソウルです。


ソウルメイト・ツインソウルランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zetsubow1111

Author:zetsubow1111
2ちゃんねるでツイン監獄にいる人々を解放する為のボランティアをしています。
詳しくは2ちゃんねるから「ツインソウル脱獄プロジェクト」で検索してみてください。

非公開コメントは受け付けない設定にしました。
コメントするなら堂々と公開してください。
また、コメント欄での返信はなしとさせて頂きます。
ご質問などは5ちゃんねるのスレ内で常時回答致します。

※現在このブログ以外のブログやホームページは持っておりません。
また、ボランティア以外の活動も行っておりません。

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。